恋の始めにアレルギー

恋の始めにアレルギー

監督:齋藤新

1996年作品 20分 8mmフィルム

脚本・編集・録音:齋藤新 撮影:大谷祐之

ストーリー:
イチゴアレルギーのケーコちゃんはサークルの先輩ヤッさんのことが好き。ところが卒業式も済んでヤッさんとはもうじきお別れ。そこでヤッさんにプレゼント作戦。赤い薔薇(花言葉は「熱烈な愛」!!)の花束を渡し、その花束の包装紙の裏にメッセージを書く作戦だ。ところがヤッさんは薔薇アレルギーで…

コメント:
自分としては見事すぎるストーリーテリング(先は読めるが)、短編コメディの教科書のようなデキだと思っている。少なくとも3時間で作ったシナリオとしては、とてもよくまとまっている。 これもあまり野心のないイベント映画で、ヒラちゃんの卒業記念作品である。当時しんプロ作品のみならず山大映研作品に引っ張りだこだった彼女だが「みんな暗い役ばかり私にふってさ…本当は明るい役がやりたいのに…」とぶつぶつ言っていたので、底抜けに明るい役にした。ま、そんだけ